Personal(パーソナル) iPS こどもiPS細胞 | 歯・尿の取り方

こどもiPSデンタルプラン、パーソナルiPSデンタルプランでは、お客様の抜けた歯を利用してiPS細胞を作製いたします。ご利用いただける歯は、乳歯・親知らず・歯科矯正治療で抜歯した永久歯のいずれかです。抜けた歯を送るだけで、手間なくiPS細胞を作製することができます。

※パーソナルiPSサービスの利用のみを目的として抜歯した歯は、受け付けておりませんのでご注意ください。
※虫歯のある歯は、受け付けておりませんのでご注意ください。

こどもiPSデンタルプラン、パーソナルiPSデンタルプランでは、お客様の抜けた歯を利用してiPS細胞を作製いたします。ご利用いただける歯は、乳歯・親知らず・歯科矯正治療で抜歯した永久歯のいずれかです。抜けた歯を送るだけで、手間なくiPS細胞を作製することができます。
※パーソナルiPSサービスの利用のみを目的として抜歯した歯は、受け付けておりませんのでご注意ください。
※虫歯のある歯は、受け付けておりませんのでご注意ください。

スケジュール

パーソナルiPSは、iPS細胞を作製するパートとiPS細胞を保管・品質管理するパートに分かれています。
iPS細胞の作製は、歯または尿を採取してから、個人差はありますが3か月~半年の間での完成を予定しています。その後、初期の20年間の細胞保管および品質管理のサービスをご利用いただきます。また、20年以降も、別途、保管サービスをご提供いたします。

再生医療へのご利用

パーソナルiPSで作製・保管したiPS細胞は、将来、ご自身の再生医療治療へご利用いただくことが期待できます。しかしながら、疾患の種類やご本人様の状態によっては、iPS細胞を用いた治療ができない場合もありますので、予めご了承ください。作製したご自身のiPS細胞は、繰り返し培養増殖させることが可能であるため、iPS細胞の再生医療を提供する様々な企業や大学に、何度でもご提供できます。

その他

iPS細胞の作製効率及び作成の可否には個人差がありますので、iPS細胞を作製できない場合があることをあらかじめご了承ください。その場合、費用は発生いたしません

お問い合わせ・資料請求